お薬の予約サービス(ePark)積極的に活用しています

みなさんこんにちは。サカエ薬局です。
今日はお薬の予約サービスについてご紹介をしたいと思います。

サカエ薬局では地域医療への貢献していくために在宅対応オンラインカルテ共有システムやオンライン服薬指導システムといった様々なツールを導入しています。その中でも電子お薬手帳アプリはもっとも多くの方に利用いただいているサービスです。

サカエ薬局ではお薬手帳アプリは「eParkお薬手帳」を推奨し活用しています。
eParkはスマートフォン端末から様々な予約ができる総合サイトですがそのサービスの一つとして「eParkお薬手帳」があります。)
患者さんにスマートフォン端末からeParkお薬手帳アプリをダウンロードしていただきサカエ薬局をかかりつけ薬局登録していただくことで様々な便利機能をご利用いただけます。

eParkお薬手帳の便利機能

お薬自動連携
薬局で調剤されたお薬の情報が自動でアプリに登録される機能です。(特定の薬局に連携の申請をすることで利用可能となります)

紙の手帳のお持ち歩きが不要になるうえに、QRコードの読み取りも必要ありません。

お薬の受け取り予約
全国の処方箋のネット受付が可能です。時間に余裕をもって予約をしていただくことで待ち時間の短縮になるほか、調剤予約時間までにお買い物を済ませておくといった時間の有効活用ができます。
また、薬局滞在時間を短くすることは二次感染の予防にもなります。小さなお子様と一緒の場合などにもより安心して受け取りに来ていただきやすくなるのではないでしょうか。
また、処方せんのお薬が薬局に揃っていいない場合など、ご用意に時間が必要な時は、アプリ上でその旨をお伝えしたり、別途お電話で来局時間の相談をしています。

災害時や緊急時にも便利

血圧値の登録や家族情報の保存が可能
災害時に避難した際、お薬手帳を持ち出すことができず、普段のお薬がわからなくなってしまった事例が過去にありました。
EPARKお薬手帳アプリは電波が届かない場合でも登録したお薬情報の閲覧が可能です。お薬情報の記帳や家族情報の共有など緊急時に便利な機能です。

 

わたくしの個人的な感想として紙の手帳には紙の手帳の良さがあると思っています。それは視認性の良さであったり、みんなで追記しやすい部分などです。一方で自動連携や、受け取り予約などはお薬手帳アプリならではの機能といえます。
今後、お薬手帳アプリをご利用される方はますます増えていくと思われますが、紙の手帳がよい方を無理に変更していただく必要はないと考えています。

ご家族構成などに合わせてうまく活用していただきたいなと考えています。

関連記事

  1. 店舗紹介 ~サカエ薬局 山陽店~

  2. 店舗紹介 ~サカエ薬局 勝山店~

  3. 店舗紹介 ~サカエ薬局 幸町店~

  4. 店舗紹介 ~サカエ薬局 児島店~

  5. 店舗紹介~サカエ薬局 真壁店~

  6. 店舗紹介 ~サカエ薬局 岡山駅前店~

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP